どうせ受けるなら、無痛の大腸の内視鏡検査

大腸をはじめ、腸のがんの検査をするにあたっては、大腸内視鏡検査というものを受けることになりますが、この大腸内視鏡検査というのはお尻からスコープをいれて腸に挿入するという、初めての方にとっては、想像を絶する検査なのです。と、いっても実際にはそれほど怖いものではなく、大変なのはむしろ検査の前日から検査前までだけで、患者さんにとって、検査は至って簡単です。しかしながら、大腸内視鏡にはこれまでの方式である、「ループ方式大腸の内視鏡検査」と、最近の方式である無痛の検査「無痛の大腸の内視鏡検査」があります腸というのは元々非常に長い物でくねくねしております。それゆけややしっかりした素材のスコープを挿入するとなると、腸の柔らかいところにスコープが当たり、都度患者さんの腸内に負担をかけておりました。

しかし、無痛の大腸の内視鏡検査ならば、くねくねした腸をある程度まっすぐにしてからスコープを入れるので、患者さんの腸内にかかる負担が軽減されるのです。丁寧な仕事ゆえ、神経と手先を使う作業となりますので、時間は若干かかるようになりましたが、患者さんへの負担も少なく、検査ちゅうに発見されたポリープ等をただちに切除できるというのも、この無痛の大腸内視鏡検査ならでは、の特徴です。毎日多くの患者さんの大腸の検査をしていた医師ですら、「ループ方式」と「無痛大腸内視鏡検査」のどちらの検査を受けたいか、と尋ねられたら、迷わずに「無痛のほう」と答えると言っていました。それはただたんに、無痛だから、という理由だけではなく、検査中に余計な痛みを感じることがなく、検査の成功性も高く、患者への負担が少ない、からだそうです。

元々この無痛の大腸内視鏡検査というのは外国からやってきた技術のようですが、段々と日本国内でも一般化してきているようです。40代を過ぎて、会社の検診で、自動的に、大腸内視鏡検査も受けなくてはいけない年齢に達してきたら、もし選べる余地のある場合には、絶対に無痛大腸内視鏡検査を受診してください。腸のがんはとても怖いです。腸というのはガンなどになっていても、なかなか症状が出にくいので、気づいたころにはかなり悪化してしまっている、なんていうこともあるそうです。大切なご家族のためにも、年1回は検診で大腸内視鏡検査を受けてください。そしてその時には、「無痛の大腸の内視鏡検査を、お願いします。」と病院の窓口にお申し付けをお忘れなく!